妊娠したら飲んでおきたい葉酸サプリ

投稿者:

葉酸サプリ摂取法
妊娠初期の段階でしっかりと摂取しておきたいのが、枝豆やほうれん草、焼き海苔やレバーペーストなどに多く含まれている葉酸です。

葉酸には、正常な細胞分裂を助ける働きがあり、妊娠初期に摂取をすれば赤ちゃんの先天性異常のリスクを下げることができると注目を集めています。

厚生労働省も、妊娠初期には毎日400μgの葉酸を摂取するように推奨をしています。

葉酸は、食べ物からの摂取も可能ですが、妊娠をしたらサプリメントからの摂取を考えておくことがおすすめです。

厚生労働省も、400μgの葉酸に関しては、サプリメントでの摂取を推奨しています。サプリメントであれば、体調を崩した時や食欲がない時でも、毎日必要な葉酸をしっかりと摂取できるというメリットがあります。

そんな葉酸サプリメントを選ぶ時には、葉酸が天然か合成かを確認しておくことが大切です。

妊娠初期に摂取をするのであれば、天然の葉酸の方が体に優しくて良いというイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、厚生労働省は天然の葉酸ではなく、合成の葉酸を推奨しています。妊娠をしている状態で、合成成分が含まれたサプリメントは抵抗があるという人は少なくありません。

そのため、できれば天然の葉酸を選びたいという人も多くいます。しかし、1日400μgの葉酸を摂取するためには、吸収率まで考えておく必要があります。

推奨量の葉酸が配合されていても、吸収率が低いのであれば、葉酸の効果を期待することができません。吸収率は、天然よりも合成の方が高いため、厚生労働省では合成葉酸を推奨しています。

そんな葉酸は、妊娠前から摂取するのもおすすめです。妊娠前に摂取をすれば、流産予防の効果を期待することができます。

更に、妊娠する前から摂取をしておけば、飲み始めるタイミングを逃すということもなくなります。

妊娠をしたいと考えているのであれば、妊娠をしてからではなく、妊娠を考えた時点から葉酸の摂取を始めておくと良いでしょう。